肉体改造

肉体改造したい!30代・40代の男性女性の鍛え方

ここ最近、さまざまな場所で「肉体改造」という言葉を耳にします。

 

肉体改造と聞くとスポーツ選手がトレーニングで筋肉を鍛えると思いがちですが、
普通のサラリーマンや女性なども肉体改造のためジムなどに通い、
プロの下で指導を受ける機会も多くなってきました。

 

あの赤井秀和や香取慎吾のCMで有名なライザップ。
2か月間でガツガツに鍛えぬいてしまうんですよね。

 

肉体改造したい!30代・40代の男性女性の鍛え方

 

⇒ 2か月で見違える身体に!最速の肉体改造プライベートジム|ライザップ

 

 

社会人になっての肉体改造

 

社会人になるとなかなか継続してトレーニングって大変ですよね。

 

肉体改造を短期で集中してやりこんでしまった方が
効率的なのかもって思ったりしません?

 

痩せるために、いろんなダイエットにチャレンジしたりするけど、
なかなか続かなかったり、

 

グッズを買ってみたけど、1人だとついつい
「今日は疲れたし、明日からやればいいか」とかすぐに怠けてしまう…

 

なんてことあったりしませんか?

 

むむ?そんなことはないですって?
いやー、自分だけじゃないはずだ〜><

 

こんな自分を戒める意味でも、ある程度の縛りと覚悟が欲しい。

 

 

「自己管理できないやつが肉体改造やダイエットなどできるわけがない」
と言われてしまえば、それまでですが、

 

自分で出来ないなら、
やらなきゃいけない環境に自分の身をほおり投げるしかないのです。

 

しかし、長期間だと自分の性格上投げ出すといけないので
短期間でやれるところ!!

 

とわがまま全開な感じで探してみたら…ありました。
プライベートジムです。

 

本当はお金かけたくないけど、
払った以上はやらないと損!っていう追い込みをかける意味と

 

プライベートジムって
瞬間的には金額が高いと感じるけど、

 

短期間で達成できるのと、達成するためのモチベ維持に
コストパフォーマンス的にアリでしょう!と前向きに考えました^^

 

そこで今、人気のライザップというプライベートジムへ行ってみることに。

 

⇒ 2か月で見違える身体に!最速の肉体改造プライベートジム|ライザップ

 

肉体改造したい!30代・40代の男性女性の鍛え方

 

アメニティもこんな感じでキレイですねー。
ホテルみたいなアメニティは高級感もたっぷりです。

 

やってやるぞって思える心の部分って大事ですよね。

 

肉体改造したい!30代・40代の男性女性の鍛え方

 

実際のトレーニング室はこんな感じです。

 

肉体改造したい!30代・40代の男性女性の鍛え方

 

もちろん着替えもあるので、
仕事帰りとかでも全然OKですね。

 

肉体改造したい!30代・40代の男性女性の鍛え方

 

通路には理念みたいな感じのものが書かれています。

 

肉体改造したい!30代・40代の男性女性の鍛え方

 

短期間で肉体改造したり、ダイエットしたいって言う人で
自分を追い込んでやろうという人には、いいと思いますよ^^

 

正直、内容はかなりハードなのですが、
やっただけのことはあるかと思います!

 

赤井秀和や香取慎吾のようになりたいって人は
一気に肉体改造やダイエットしたい人にはオススメですよ〜。

 

⇒ 2か月で見違える身体に!最速の肉体改造プライベートジム|ライザップ

 

肉体改造とは?

 

普通の人は「肉体改造」と聞くと
「脂肪を燃焼し、筋肉を鍛える」という風に思い浮かべます。

 

しかし、本当のところは根拠に基づいた医療を含み、
身体を再結成させることが「肉体改造」です。

 

肉体改造とは元々、個性のひとつであるファッションなど、
外見を変える身体改造に含まれています。

 

陣内智則や長渕剛、生田斗真やダルビッシュ、宮迫博之なども
肉体改造したようで、彼らの肉体改造方法も注目されてますよね。

 

たとえば、今で言うマツエク・エクステなども身体改造に含まれ、
美容整形などもそのひとつです。

 

各国を見ると、その地域独特のファッションが存在し、
それもまた身体改造の一部なのです。

 

たとえば、ある国では宗教的に女性は肌を人前にさらしてはいけないと、
一年中、外出時には黒い布で身体を覆いつくしたりします。

 

こういった宗教の中でも身体改造は含まれているのです。

 

身体改造の中でも筋肉を鍛えぬき、
筋肉の増強の美しさを競うボディビルは肉体改造の王道でしょう。

 

ボディビルは肉体の美を競うといった点ではファッション性を伴うので
身体改造の一部であることは間違いありません。

 

このように自分をより良く見せるために努力している人は多数います。

 

そのため、スポーツ選手だけでなく、
普通の人たちにも幅広く浸透しているのではないでしょうか。

 

肉体改造と健康の維持

 

肉体改造には健康を維持するために病気を治すという目的もひとつです。

 

しかし、必ずしも病気にかかっているから
リハビリするといった状況下から始めるわけではないので様々な方法があります。

 

肉体改造とひとことでいっても、
いろいろな状況があるのでかなり広大なものになります。

 

普通は、毎日3食きちんととり、適度な運動、休養をとっていれば、
比較的、健康に過ごしていけるものです。

 

しかし、1日中ゴロゴロして食っちゃ寝するような生活を送っていると、
体内バランスは崩れていき、

 

筋肉も使わないため弱って、脂肪ばかり増えたりして、
最終的に膝を痛めるなどして、自分が今まで出来たことが出来なくなり、
歩くことも出来なくなってしまうかもしれません。

 

しかし、現代人は残業仕事や家庭のことが手いっぱいになってしまっているため、
なかなか、自ら積極的に運動するという余裕がなくなっているのも事実です。

 

ほとんどの場合は、年一回行われる健診などで注意を受けたり、
前よりも出来ることが少なくなったときに体力低下を感じることがあるって時に
これではいけないと、身体を動かすように意識することが多いでしょう。

 

もちろん健康状態が悪いときに行う運動は激しいのとは違います。
でも、健康にするため、ある程度の筋肉を付けていかなくてはいけないのも現実です。

 

このとき、最も重要である点は肉体改造を始めるときの筋肉です。

 

始めるときに少し歩いただけで足が棒のようになってしまい、
何度も休まなければ目的地にたどり着くことが出来なかったとします。

 

そうしたら、もちろん足腰を強化するための運動からはじめるでしょう。

 

また、内臓関係が弱っていたり、血液がドロドロしたといった場合は、
ストレッチなど全身を使った運動で新陳代謝をアップします。

 

健康改善とはいっても、状況において様々なトレーニングの仕方があり、
それぞれにあった方法で行っていかなければいけないのです。

 

肉体改造と病気の克服

 

病気を良くする目的として肉体改造を行うことが多くなってきたようです。

 

最近ではよく耳にするメタボリックシンドローム、通称メタボという言葉。
男性にはもちろん、女性にも多くなってきている病気のひとつです。

 

メタボはいわゆる現代病のひとつで、あまり歩いたりすることも少なくなってきたため、
身体に歪みがしょうじ、バランスが崩れていくことによりおこります。

 

この病気の場合、そのまま放っておくことにより、
悪化し死に至るケースもあります。

 

もちろん、そうならないためにも改善が必要ですが、
その際、肉体改造を行うことが有効となってきます。

 

その他にも、内臓脂肪が増えすぎてしまうことにより、血液の流れが悪くなり、
血栓やドロドロ血の原因となり起こる病気で代表的な、

 

高血圧、心臓関係では軽いもので狭心症、重くなると心筋梗塞などがあげられますが、
脳卒中なども発症してしまう可能性もあります。

 

こうなってしまう原因としては交通機関が発達した
現代の歩くことが少なくなったことによる運動不足、

 

忙しすぎて生活が不規則になってしまっていること、
ストレスなどによる食べ物の過剰摂取です。

 

このことから、まず生活習慣の改善を行わなければならない病気なのです。

 

これらから分かるように、肉体改造が重要になってきます。

 

メタボなどは大抵の人が脂肪のつきすぎでふくよかな人が多いため、
アスリートのようなきつい運動は向きません。

 

そのため、ストレッチなど軽めの運動から始めます。

 

肉体改造の中でも筋力アップといったものとは異なるため、
トレーニング方法は特別なものになってきます。

 

この場合は、医学療法士などの指導のもとに行うのが最適でしょう。